30代から日本酒が好きになりました。

“私は米どころ、酒どころに住んでいるのですが、日本酒は20代の頃はほとんど飲みませんでした。

しかし、30代になり、季節も冬にでもなると、熱燗のうまさが分かるようになってきました。

私は地元の朝日山や麒麟山などが好きなのですが、これらの酒は熱燗で飲んでも冷で飲んでもおいしいため、気に入ってます。

我が家では、年に二度ほど私の両親と妻の両親を交えた飲み会を開くのですが、私が日本酒を飲みだしてからは、両家の父ともいっしょに酒を飲むのが楽しいようで、お互い注いだり注がれたりしながら、いろいろな話をして盛り上がっています。

私は日本酒を飲む量は、それほど多くはないのですが、ワンカップぐらいの量をちびりちびりと飲むのが大好きです。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です