呉春について

地元の酒であった呉春は、近所の酒屋にいつもあるものだったので、特別には全く感じないで常飲していましたが、就職して以降は縁遠くなっていました。

しかし先日、帰省の折に友人に呉春を買ってきてほしいと頼まれたのです。
よく考えれば地酒の一種なのですが、自分にとっては身近すぎるものだったので、あえてそう考えたことがなかったのに初めて気づきました。

土産として買って帰った呉春を友人は大変喜んでくれました。
そして次回は自分の地元の酒を買ってきてくれると約束してくれたのです。
現在ではインターネットなどでどこの地酒も手に入るようになりましたが、もともとはこうして、地元の酒を持ち寄る楽しみがあったのだなと気づかされ、いい経験になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です