米どころのお酒。地域の酒は、高級なほど、良いものである

私は基本的安い酒が飲めない。悪酔いがいやで、元々飲む方ではないので、せいぜいお付き合い程度に高めのビールなどを口にする程度だが、日本酒は飲める。

主にお冷なのだが、澤乃井という奥多摩の日本酒はうまい。飲みやすさと辛口、あと酔い心地が、安いものより、はるかに浸透して、心地よくなる。ほかにも地方だと会津若松のお酒は美味しい。

今は気にしてしまう人もいるかもいれないが、酒造の多い地域には、その土地の日本酒というのがあり、福島は元々米どころなのだろう。会津若松の高速バスの待合所で買った日本酒は、少し高いが、澤乃井より美味しかった。

地方はブランドを売りにして、少し高めの値段を設定する場合もあるかもしれないが、酒の作り方によって普段飲まない人でも美味しいと思わせる日本酒というのは素晴らしいと思わずにはいられない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です