日本酒の種類 大吟醸や日本酒とは?

米

大吟醸、吟醸、純米酒など日本酒には、ラベルに色々と選ぶときに思わず迷ってしまうことが書いてありますが、これには決まりがあって表示されています。基本的に精米歩合という米を削った分の割合によって、決まりがあります。この米の芯までを磨けば磨くほど、手間がかかりお米の材料費が高くなるので、最も精米歩合の低い大吟醸は、金額が高くなっています。一般的には、下記のように精米歩合ごとの分類となっています。

  • 大吟醸:50%以下 原料:米、米麹、水
  • 吟醸:60%以下 原料:米、米麹、水
  • 純米酒:70%以下 原料:米、米麹、水
  • 本醸造:70%以下 原料:米、米麹、水、醸造アルコール
  • 特別本醸造:60%以下  原料:米、米麹、水、醸造アルコール

概ね、大吟醸になるほど、華やかで、フルーティな香りが強い傾向があります。また、豆知識になりますが食卓で食べているご飯のお米の精米歩合は90%程度なので、大吟醸クラスと比較していただくと手間暇がわかってもらえると思います。お酒の表示による違いで、自分の好きな種類が大吟醸なのか?日本酒なのかと見極めて飲むと更にお酒が楽しめると思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です